Tips

コロプラスト社パウチ使用レポート

製品:Coloplast センシュラミオ1、アシュラ コンフォート ワイド、コンケーブ

ストーマ装具メーカー コロプラスト coloplast
新製品”センシュラミオ1コンケーブ”に関しては、こちら(Tips11)に関連情報として掲載しています。

1, パウチ(バッグ)本体

アシュラの後継製品に位置づけられるセンシュラミオ1及びコンケーブは、パウチを覆うカバーの色、肌触り等北欧独特の洗練されたデザインで、いわゆる医療用品の印象からの脱却を目指しているそうである。

パウチの表面のカバーの下にはもう一つの面ファスナー(写真C1)が取り付けられていて、排出口を折り曲げて格納することが可能である。更にパウチ下部を折り曲げてパウチカバー上部にしまうことにより非常にコンパクトになり(写真C2)、きめ細かな配慮が行き届いている。
コロプラスト社パウチの排気口大型の円形フィルター(写真C1)はバルーニング現象の軽減をうたう。先で説明した排気口のメーカ比較試験では2kg荷重で2分程で大半の空気が抜けた。また5分間の水に浸した後の同様の排気試験ではその機能は僅かしか低下しなかった。ただし、無負荷の状態での排気試験ではアシュラと共に全メーカ中で唯一5時間を過ぎても排気する気配が無かった。何らかの圧力を外部からかけることを前提とする排気機能かもしれない。

5層のパウチ構造は複雑で、中をのぞくとパウチの中に半分ほどの大きさのシートがぶら下がり、フィルターが付属されている。透明のセンシュラミオで構造を見てみると、パウチの最外層が中央で横断するようにその下の層と接合されている。この表面シートのカサコソ音は他と比較して大きめ(微妙な差ですが、同様の構造を持つコンケーブのカサコソ音圧比較ではカバー無しで全12試料中2番目に大きい67.9dBA。カバー付きでは64.4dBAの9位)で、パウチ中央部の接合部によりその下の層とかかるテンションが異なり、装着時にパウチのねじれを感じる時がある。

センシュラミオ1及びコンケーブで多くのユーザから評価されているものがパウチを覆う防水の樹脂製カバーで、本物の不織布に比べお風呂やシャワー時に水に濡らしても吸水することがなくタオルで簡単に水分をふき取ることが出来、使用感としては非常に良い。

アシュラのバッグに関しては、ミオ1に比べて構造的にシンプルであるが故に、ミオ1ほどのゴワゴワ感がなく、薄くて柔らかい部類に入る。不織布は薄く手触りが良く、あまり毛羽立たずに使用感が良い。

2, 面板

コロプラスト社パウチの面板と皮膚保護剤 ● センシュラミオ1:膨潤タイプ
● コンケーブ&アシュラコンフォート:溶解タイプ

コロプラスト社のカタログによると、センシュラミオの面板は独自の伸縮性皮膚保護剤を採用しており、中央部に向かっては皮膚の保護性を、外周に向かっては伸縮性を重視した成分配合がなされているとの事である。

保護シールをはがすと、中心部の78mm×65mmはクリーム色で、その外周部は透明の面板(写真C3)が現れ、2種類の皮膚保護剤で構成されていることがわかる。中央部は親水性ポリマーのCMC、ペクチン、ゼラチンと疎水性ポリマーのPIBを配合、周辺部は疎水性ポリマーとしてSIS, EVAやその他樹脂(レジンとだけ表記してあり、詳細不明)を配合することにより伸縮性を実現しているようである。
実はこの面板、吸水実験で判明したこととして、2種類の膨潤タイプの皮膚保護剤を2層に塗布したものだった。面板基材(バッキングシート)全体に周辺部に見える透明の皮膚保護剤を塗布し、その上から中央部のみクリーム色の皮膚保護剤を塗布している。面板の周辺及びパウチ側は疎水ポリマーで柔軟性、防水を目的とし、中央部はペクチン配合によりpH緩衝を図り、ストーマ周辺の腹壁の保護を目的とする。

面板素材の触感は柔らかでアルケア社のセルケア1より薄い。装着後は面板が柔らかいゆえに特に面板周辺部でどうしても皺が寄りやすい。装着時から交換時まで透明の面板周辺部はその厚みや色味に変化はなく、この部分を観察しても吸水具合や接着寿命予測は出来ない。

面板耐久実験では、スタートから339時間後、15日目にしてPVC板から剥がれ落ちた。その間、周辺部の皮膚保護剤は、溶けることも、膨潤することも無く、他の面板では見られないタイプのものであった(後の面板の吸水実験により、周辺部も膨潤することがわかった。ただし中央部の皮膚保護剤に比べ、吸水力、膨潤率ともに中央部のそれの50%程度である)。

パウチ交換時の面板は剥離液で簡単にはがれ、皮膚保護材も多く残らず、ふき取り作業、洗浄は楽である。面板を外した後の腹壁の様子は、中央部はなめらかであるが、面板周辺部では若干皺跡が認められることがある。

コンケーブの面板は更にユニークで、もともとストーマ周辺がポッコリと膨らんだユーザ向け製品であるため、予め凹状の3Dの形状に成形されており(この形状を保つためか、保護シールが厚くて硬く、面板から剥がす際にはやや手こずる)、星型形状の面板全体でストーマ周辺を覆ってくれる。

アシュラ コンフォート ワイドの面板もユニークで、親水性ポリマーCMCとペクチンに疎水性ポリマーPIBを組み合わせた保護剤と、親水性ポリマーは同じで、疎水性ポリマーにPIBとSISを組み合わせた保護材を渦巻状に塗布/貼付した構造を持つ(写真CL3)。

皮膚表面の保護を重点的に考え、そこに伸縮性、保形を強化させる配慮が施された面板である。面板耐久実験では、スタートから160時間後、7日目にPVC板から剥がれ落ちた。溶解タイプで、水に溶けた様子がはっきりわかるが、渦巻部分は溶けることなくはっきりと残っていた。

皮膚保護剤及びバッキングシートはセンシュラミオに比べ薄く、腹部への貼付の際には皺が寄らないよう注意して貼り付ける必要がある。面板に皺があると腹壁との僅かな隙間ができ、交換時期前でもそこから臭い漏れが発生する場合がある。溶解タイプにしては皮膚保護剤厚が薄めで、耐久時間が短くなっていると思われるが、これがメーカの意図かどうかは不明。実使用では皮膚保護剤が汗等により面板周辺部からわずかにはみ出すことがあった。これが乾燥すると固まって量的には僅かだがポロポロと剥がれ落ちる。面板の交換の際は剥離液を垂らすと腹壁から簡単に剥がれる。この時の面板の接皮側は薄くネバネバ感があるが、保護剤が溶解するまでに至らない。

3, 排出口

コロプラスト社パウチの排出口の様子排出口長は実寸でアシュラが74mm、センシュラミオは68mmと広め。サイズは若干違うが2タイプとも排出口の構造は同じである(写真C4)。

排出処理の際には、柔らかな樹脂プレートの先端(排出口後面)を後ろに裏返して留め、2枚の樹脂プレートの間に開けられた溝から排出する。排出口長が長く、プレートの材質も柔らかいことで排出作業はやりやすい。この構造の利点は、排出作業を終えた後、プレートの前・後面が一面に並ぶため、排出口のふき取り、洗浄作業が同一面で出来、非常に衛生的かつ便利である。

前述した汚れライン数という見方をすれば全社の中で唯一汚れライン数2、分散数1とそれぞれ最小数を実現しており、これにより拭き取り作業がもっとも楽な構造であると言える。
日々何度も必要な作業だけに、毎回表裏両面のふき取り作業と一面のみのふき取り作業とでは使用感として大きく差が生じる。

4, 排出口留め具

面ファスナーは、樹脂とフェルト状合成繊維の組み合わせで、排出口を2回巻き上げた後、排出口の両脇から伸びた樹脂製面ファスナー(③)と圧着するタイプ。このタイプは、コロプラスト社、イーキン社とマーレン社が採用している。

接着力はかなり強力で、2本のそれぞれの留め具がぴったりと圧着されていると剥がす作業はかなり手間取ってしまう(入浴後のように水分を含んでいると剥がしやすい)。これを改善するためには、2つのブルーの樹脂製面ファスナーの先端部分の接着機能を無くすることで解消できる。こうすることで剥がし作業の際に指で留め具をめくりやすく、格段と使用感が良くなると思われる。

またこの両側から抱え込むように留める構造は、他社全面留めと比較してみると、両側から留める構造は両手で独立した別々の作業が必要で、一枚の面ファスナーで上からただ圧着する方が使用感としては良いと思う。全面留めに構造上の劣る点が有れば別であるが、他社のものを試しても特に指摘すべき問題点は無い。夜中の作業ともなると、少しでも簡単な操作性を求めたい。

PRODUCTS

オストメイト/お尻の痛みにお悩みの方々に向けた製品です

  1. オストメイト用パウチホルダー

    パウチホルダー

    ”面板を全周にわたりきちんと強めに押さえたい”
    そんな要望から生まれた製品です。

    メーカの補助的ホルダーとは違い、ヘルニア防止などお腹の出っ張りをしっかり押さえることを目的としたパウチホルダーです。
    パウチ交換の際にも面板全周を指で押さえる必要が無く、伸縮ベルトで等分の力で腹部に圧着してくれますので、つけた直後から安心して活動開始ができます。

    透明なホルダーで面板の様子も見え、上下を逆さにすることにより高さ調整もできます。各社パウチに応じた4タイプをご用意しました。

  2. 穴あきクッション

    うつ伏せクッション

    “ストーマの圧迫が気になり、長時間のうつ伏せは敬遠しがち” 無意識ながら横向き/仰向け姿勢が増えていませんか?

    本製品は12cm厚のクッション3点セットで、中央の腹部用クッションは24cm×18cmの楕円穴がパウチ部分をスッポリ覆ってくれます。ストーマの圧迫から解放され、頭部、脚部のクッションを自由に配置しながら、うつ伏せ読書、テレビ鑑賞、物書きやマッサージをお楽しみください。腰痛改善のためにも体を満遍なく回転させましょう。

    中央部のクッションはお尻に痛みの有る方向けの”お尻用クッション”としても有効です。市販のドーナツクッションにはない安定感、安心感をお届けします。

どんなパウチもしっかりホールド。購入は”キノキータYahoo!ショップ”へ


/オストメイト向けTips 一覧はこちら
/HOMEページTOPはこちら

QP3:現在メインでご使用中のパウチメーカは?

View Results

Loading ... Loading ...

関連記事

オストメイト向けTips

パウチメーカ全社List
 全7社8ブランド
排気口って機能してる?
 各社パウチで実験してみました
パウチのねじれって?
 ねじれ難いパウチもあるんです
面板のちょっと深い話1
 パウチの寿命を決定づける面板の話
面板のちょっと深い話2
 膨潤タイプの最期って?
面板のちょっと深い話3
 各社面板の吸水力比較です
面板のちょっと深い話3 part2
 写真で見る4種の膨潤タイプ
面板のちょっと深い話3 part3
 吸水力Indexで面板比較
汚れライン数という考え方
 ふき取り易いパウチには訳がある
各社パウチ(面板)耐久実験
 8種を同条件で同時耐久試験
各社パウチ使用レポート
 7社8ブランドを使用レポート
 ・はじめに(評価項目)
 ・アルケア社
 ・イーキン社
 ・コロプラスト社
 ・コンバテック社
 ・ダンサック社
 ・ビー・ブラウン社
 ・ホリスター社
 ・Marlen Mfg.(ソルブ株式会社)
ポッコリお腹矯正パウチ?
 そんなパウチもあるんです。
パウチのメーカ別国内シェア
 当社独自調査データ
コロプラストジャパン本社訪問
 コンケーブの開発秘話
各社パウチのカサコソ音を比較
 8社12種類を比較
あなたのお好みのパウチを探す
 パウチ選びのポイントは?
最新メーカ別パウチシェア
 Update最新データ
面板を制するメーカがマーケット制す?
 オストメイトの悩み事
コロナによるマスク不足の緊急対応!?
 マスクホルダー試作してみました
パウチ剥離剤の全製品比較-1-
 今回はリムーバ―です
パウチ剥離剤の全製品比較-2-
 リムーバ―の剥離力ランキングです
パウチ剥離剤の全製品比較-3-
 リムーバ―のコストランキングです
痛いパウチ?
 オストメイトの方からメールをいただきました
各都道府県別ストーマ外来窓口
 窓口へのアクセス時間を考えます
ページ上部へ戻る