Tips

ストーマパウチ使用レポート:イーキン

試用製品:Eakin イーキンパウチ フラット ドレナブル、イーキンドット フラット/フラット ワイド

オストメイト用イーキンパウチ写真
イーキンドットの試用レポートを追記しました(2021年5月)

国内販売開始からパウチの品揃え数が少なかったイーキン社だが、2020年12月1日より新製品として、ユニークな面板が特徴のイーキンドット ドレナブル及びイーキンドット ドレナブル ワイドが商品ラインアップに追加された。コロストミー、イレオストミー用ともにストマ周辺の状態によりフラットタイプとコンベックスタイプの2種類が用意されている。発売後5か月が経過したが、イーキンドットの全種類ラインアップはストマケア販売会社のサイトでも扱いがまちまちで、意欲的な製品だけにユーザへの告知をイーキン社主導でやられてはどうだろうか。

1、ストーマパウチ(バッグ)本体

●イーキンパウチ
イーキンパウチ(写真E1, E2)は、今回の全社レポートで試用したパウチの中では容量が650cc(実測値)と最も小さく、他社より20%~30%小さい。排出口のパーツや排気口など全般的に構成物が小ぶりで、小児用から派生した製品なのでは、と想像を巡らせてしまう。
オストメイト用イーキンパウチ写真
不織布は全社の中で最もパターン目が大きく、深いエンボス加工が施してあり、手触りが良く交換時まで毛羽立つことも無く優れている。このせいもありパウチのカサコソ音が気にならない。また不織布にはスリットがあり、そこからストーマの状態が確認できる。排気口(写真E5)は丸く、先の実験では排気量が全社の中で最も小さい2.9cc/秒/2.1kgであった。パウチ容量も小さいため、80%排気時間の長さも特に問題になる事は無い。

●イーキンドット
パウチバッグは形状は若干異なるが従来とほぼ同等の容量の標準タイプ(写真E4)と、新たに用意されたマキシタイプ(写真E3:イーキンドットワイド)は、パウチ長が従来の21cmより4.5cm長く、容量は800ccと20%アップしている。不織布、排気口に関しては従来とイーキンパウチと同一仕様。

2、面板

●イーキンパウチ
半透明で装着前に触ると多少堅そうに思えるが、貼ってみると実は柔らかい。バッグと面板の接合面径が大きいため、面板を張り付ける際の外周部の幅が12mm程しかなく、指で押さえこんでの貼り付け作業がやりづらい。初期接着力(タック性能)に関しては十分で、しっかりと腹部へ装着できる。面板のバックフィルム上に不織布が貼付されていて手触りが良い一方、面板の吸水具合が確認できないため、この不織布は無くても良い気がする(面板バックフィルムの吸水防止のためか)。

面板の組成は、親水性ポリマーにCMC、ペクチン、疎水性ポリマーにPIBとオーソドックスな配合で、水を吸って溶ける溶解タイプである。
実際の使用では装着後4~5時間ほどで面板の淵から皮膚保護剤がわずかに滲み出てきたが、その後その保護剤は乾燥、硬化し、特に実用上問題なかった。各社面板耐久実験では、貼り付け後の皮膚保護剤溶解による落下までに84時間(4日と12時間)と、全社を通じ一番早く落下した。この時間の長短に関しては皮膚保護剤の肌との相性と耐久時間のどちらを優先するかで判断されるべきだ、

●イーキンドット
オストメイト用イーキンパウチ面板写真イーキンドットの一番の特徴はこの面板にある。従来の半透明の面板からクリーム色の面板となりその違いが目視でもよくわかる。
面板のサイズはイーキンパウチの94mm径より大幅に大きくなり、イーキンドット標準タイプは124mm×114mm、ワイドのマキシタイプは129mm×124mmの楕円形で腹壁を広範囲にわたって覆うことができる。

ストーマ周辺の凸上の形態にフィットするよう、写真のように縦横6か所のスリットを設けてあり、装着してみるとこのスリットがきちんと機能して、面板周辺部の皺が寄りにくい。バックフィルムも材質が変更され、発泡性樹脂を使用したため、手触りも柔らかく、撥水機能もある。
 皮膚保護剤は新開発の“skinsmart™ハイドロコロイド”で、肌に優しくしかも長期間の装着が可能になったとのことだ。面板の組成は、親水性ポリマーにCMCとペクチン、疎水性ポリマーにはPIBだけの従来タイプのものにSISを配合させているため、面板が非常に柔らかくなっている。本面板は水を吸っても溶けない。

実際の装着ではこの面板は非常に柔らかく大きいため、腹部への貼り付けの際には注意深く皺が寄らないよう貼り付ける必要がある。初期タック性能は優れており、肌に吸い付くように貼れる。装着感は薄く柔らかくすべすべと肌触りもよく快適である。装着期間中は面板周辺部から皮膚保護剤が滲み出ることもなく、周辺部の剥がれも観察されなかった。優れた面板のパフォーマンスにより、皮肉的にも面板の交換時期の見極めが難しくなった。面板の吸水状態は目視では確認できず、手触りが初期から薄く柔らかく、溶解も膨潤も更に周辺部の剥がれも観察できない状態で、唯一面板を上から指で押し続けていると溶解現象が発生したようなぷにゅぷにゅとした感触に気づく。このタイミングあたりが変え時サインかもしれない。一定期間ごとの交換ユーザが大半と思われるが、従来のイーキンパウチに比べ、耐久性の向上は間違いなく実感できる。
面板の剥離の際には、スリットの存在により腹壁が若干引っ張られる感じが発生するが軽微で、リムーバで問題なく簡単にはがれる。
はがれた面板を観察してみると、溶解も膨潤も観察されることなく、接着面もべとつかずサラサラとした指ざわりをしている。

3、排出口

排出口の表面と裏面ともにコロプラスト社のそれと似た柔らかい樹脂のプレート(⑤、⑥)が張り付けられている。イーキンドットでもサイズ、構造は同じだが、プレートの材質は異なりイーキンパウチの素材より若干硬い。排出口長は65mm。形状が柔軟に変化し排出作業は問題ないが、このプレート幅が15mmと他社よりも狭く、この狭さが拭き取り作業を極端にやり難くしている。このプレート幅はもう少し広めにほしい。表(おもて)面プレート上部に付属しているタブも小さすぎて、あまり有効とは思えない。

4、排出口留め具

コロプラスト社と同じ構造である。樹脂タイプ(③)とフェルト状化学繊維(④)の組み合わせで、排出口巻き上げ後、排出口脇から伸びた二本の留め具(③)で両脇から留めるタイプである。
簡単に接着、剥がすことができて接着力としてはちょうど良い(コロプラスト社は若干強力すぎ)。
二本の面ファスナー留め具(③)の腕の長さが若干短く、雑な留め方をすると裏の面ファスナー(④)との接着面積が小さくなる。ここもあと数ミリ長くすると使い勝手が改善されると思う。

PRODUCTS

オストメイト/お尻の痛みにお悩みの方々に向けた製品です

  1. オストメイト用パウチホルダー

    パウチホルダー

    ”面板を全周にわたりきちんと強めに押さえたい”
    そんな要望から生まれた製品です。

    メーカの補助的ホルダーとは違い、ヘルニア防止などお腹の出っ張りをしっかり押さえることを目的としたパウチホルダーです。
    パウチ交換の際にも面板全周を指で押さえる必要が無く、伸縮ベルトで等分の力で腹部に圧着してくれますので、つけた直後から安心して活動開始ができます。

    透明なホルダーで面板の様子も見え、上下を逆さにすることにより高さ調整もできます。各社パウチに応じた4タイプをご用意しました。

  2. 穴あきクッション

    うつ伏せクッション

    “ストーマの圧迫が気になり、長時間のうつ伏せは敬遠しがち” 無意識ながら横向き/仰向け姿勢が増えていませんか?

    本製品は12cm厚のクッション3点セットで、中央の腹部用クッションは24cm×18cmの楕円穴がパウチ部分をスッポリ覆ってくれます。ストーマの圧迫から解放され、頭部、脚部のクッションを自由に配置しながら、うつ伏せ読書、テレビ鑑賞、物書きやマッサージをお楽しみください。腰痛改善のためにも体を満遍なく回転させましょう。

    中央部のクッションはお尻に痛みの有る方向けの”お尻用クッション”としても有効です。市販のドーナツクッションにはない安定感、安心感をお届けします。

どんなパウチもしっかりホールド。購入は”キノキータYahoo!ショップ”へ


/オストメイト向けTips 一覧はこちら
/HOMEページTOPはこちら

QP3:現在メインでご使用中のパウチメーカは?

View Results

Loading ... Loading ...

関連記事

オストメイト向けTips

パウチメーカ全社List
 全7社8ブランド
排気口って機能してる?
 各社パウチで実験してみました
パウチのねじれって?
 ねじれ難いパウチもあるんです
面板のちょっと深い話1
 パウチの寿命を決定づける面板の話
面板のちょっと深い話2
 膨潤タイプの最期って?
各社面板の吸水力比較1
 各社面板の吸水力比較です
各社面板の吸水力比較2
 写真で見る4種の膨潤タイプ
各社面板の吸水力比較3
 吸水力Indexで面板比較
パウチの排出口ランキング
 ふき取り易いパウチには訳がある
各社パウチ(面板)耐久実験
 8種を同条件で同時耐久試験
各社パウチ使用レポート
 7社8ブランドを使用レポート
 ・はじめに(評価項目)
 ・アルケア
 ・イーキン
 ・コロプラスト
 ・コンバテック
 ・ダンサック
 ・ビー・ブラウン
 ・ホリスター
 ・マーレン(ソルブ株式会社)
ポッコリお腹矯正パウチ?
 そんなパウチもあるんです。
パウチのメーカ別国内シェア
 当社独自調査データ
コロプラストジャパン本社訪問
 コンケーブの開発秘話
各社パウチのカサコソ音を比較
 8社12種類を比較
あなたのお好みのパウチを探す
 パウチ選びのポイントは?
最新メーカ別パウチシェア
 Update最新データ
パウチに関する1番の悩みは漏れ、臭い漏れ
 オストメイトの悩み事
コロナによるマスク不足の緊急対応!?
 マスクホルダー試作してみました
パウチ剥離剤の全製品比較-1-
 今回はリムーバ―です
パウチ剥離剤の全製品比較-2-
 リムーバ―の剥離力ランキングです
パウチ剥離剤の全製品比較-3-
 リムーバ―のコストランキングです
痛いパウチ?
 オストメイトの方からメールをいただきました
各都道府県別ストーマ外来窓口
 窓口へのアクセス時間を考えます
公開データでコロナ感染を考える
 日々変わるコロナ感染に関する考察です
パウチからの臭い漏れはセンサーで検知可能?
 こんな質問メールをいただきました
ページ上部へ戻る