Tips

ストーマパウチ使用レポート:ビーブラウン

製品:B.Braun フレキシマ アクティブ ロールアップMidiプレカット、Maxiフリーカット

ストマ装具メーカー ビーブラウン b.braun

1、ストーマパウチ(バッグ)本体

イーキン社と似たエンボス加工の施された厚めの不織布に包まれ、厚い分他社に比べて手羽立ちは多めである。パウチ上部中央にある大きな排気口は、液体遮断性の高いメンブレン膜(高分子分離膜)を採用とあるが、排気口試験でも5分の浸水では排気パフォーマンスには変化がなく、機能しているように思われるが、排気量に関しては平均的な値を示すものであった。パウチとしての容量は780ccと中程度のサイズである。

2、面板

このパウチの特長は何といっても面板にある。
フレキシマもフレキシマ アクティブも面板の形は同じ花びら型をしており、ストーマの穴は面板に対して中央ではなく偏心している。フリーカットの面板ではストーマ径が小さくなるにしたがって切り取り用のガイド穴の位置が上部に来ている(写真B3)。

装着時にパウチ上部がなるべく上に出てこないような配慮だとある。実際のパウチ耐久試験で面板の剥がれを観察していると、どの面板も上部から剥がれてきている。剥がし力としては上部にかかる負荷の方が下部に比べより大きいと思われ、接着寿命に若干の影響が考えられそうである。

● フレキシマ アクティブ
保護シールを剥がすとその柔らかさに驚く。「B.Brown Tech」と呼ばれている皮膚保護剤を使用しているそうで、親水性ポリマーにはCMC、ペクチン、ゼラチンが、疎水性ポリマーにはSISが配合されている膨潤タイプの面板である。

疎水性ポリマーとしてSISを配合ということで他のパウチにはない柔らかさがある。皺にならないよう注意深く取り扱う必要があるが、腹壁へは吸いつくようにピタッと吸着し、タック性能が高い事が分かる。この吸着性の良さと柔軟性は特筆すべき特徴で、ストーマ周辺の形状が相当複雑でも柔軟にカバーしてくれるのではないかと思う。

耐久試験後に分かったことだが、この柔らかさの秘密は皮膚保護剤の成分だけでなく、面板の支持体であるバッキングフィルムにもある。保護剤が剥がれたフィルムを触ってみると実に薄くて柔らかい。

面板耐久実験では300時間を耐え、接着力に問題はない。全社の中で唯一、塩化ビニル板と面板との剥がれが原因で脱落したのではく、バックフィルムと皮膚保護剤が剥がれて落下したものであった。

● フレキシマ ロールアップ
この面板は、CMCとPIB+ペクチンという標準的な皮膚保護剤を使用している。面板の裏には補助的に不織布が貼られ、溶解の際の補強として機能する。フレキシマ/フレキシマ アクティブの浸水実験ではこの不織布が有るか無いかで面板の捲れ上がり変化に大きな違いが出た。
この面板も薄い部類に属するが、実際の使用中には溶解と共にわずかではあるが皮膚保護剤のサイズの縮小現象が観察された。

3、排出口

ビーブラウンの排出口58mm×20mmの大きなプラスチックプレート(⑤、⑥)が両面に貼られている。一見シンプルな構造ではあるが、よく見ると表と裏とで貼付位置を意図的にずらしており(写真1”a”部分)、排出口の両端を挟み込むと、写真B4,写真1左のように大きな矩形開口部が現れ、排泄物の排出がスムースに行える。逆に水様便に対しては開口が大きく拡がり過ぎるかもしれない。

この柔軟な矩形型排出口には一方弱点も存在する。大きな補助プレート下に薄く残った排泄物が、留め具を強く押して止める際にその圧力で排出口外部(D1)へ移動する(漏れる)と同時に、柔らかい”a”部分にも移動(D2方向)し、ここに汚れが溜まって両端に汚れポイントが発生する。両綴じタイプの排出口に比べ、拭き取り作業の手間が増える結果となる。

4、排出口留め具

大きなプレートを4回巻き上げた後、面ファスナー③、④で圧着するものだが、3回巻き上げでも面ファスナー同士圧着可能である。いい加減な巻き上げでは4回では長さのマージンが足らずにやり直し作業が必要となる。この部分の長さはもう少しマージンがあっても良いように思う。

面ファスナー(③、④)は両方とも樹脂製で、このファスナーは指でしっかり押し込みながら圧着して止めるタイプで、他社と比べ深めの押し込み感がはっきりわかる。全社の中ではコンバテックに次いで硬めで、きちんと押し込まないと外れてしまう。また脱着の際の剥がし音は樹脂同士にもかかわらず意外と大きい。排出口の補強プレートが大きく、強めに圧着する必要性から、プレート下に残った排泄物が外部に漏れだしやすい結果となっている点は考慮の余地がある。

PRODUCTS

オストメイト/お尻の痛みにお悩みの方々に向けた製品です

  1. オストメイト用パウチホルダー

    パウチホルダー

    ”面板を全周にわたりきちんと強めに押さえたい”
    そんな要望から生まれた製品です。

    メーカの補助的ホルダーとは違い、ヘルニア防止などお腹の出っ張りをしっかり押さえることを目的としたパウチホルダーです。
    パウチ交換の際にも面板全周を指で押さえる必要が無く、伸縮ベルトで等分の力で腹部に圧着してくれますので、つけた直後から安心して活動開始ができます。

    透明なホルダーで面板の様子も見え、上下を逆さにすることにより高さ調整もできます。各社パウチに応じた4タイプをご用意しました。

  2. 穴あきクッション

    うつ伏せクッション

    “ストーマの圧迫が気になり、長時間のうつ伏せは敬遠しがち” 無意識ながら横向き/仰向け姿勢が増えていませんか?

    本製品は12cm厚のクッション3点セットで、中央の腹部用クッションは24cm×18cmの楕円穴がパウチ部分をスッポリ覆ってくれます。ストーマの圧迫から解放され、頭部、脚部のクッションを自由に配置しながら、うつ伏せ読書、テレビ鑑賞、物書きやマッサージをお楽しみください。腰痛改善のためにも体を満遍なく回転させましょう。

    中央部のクッションはお尻に痛みの有る方向けの”お尻用クッション”としても有効です。市販のドーナツクッションにはない安定感、安心感をお届けします。

どんなパウチもしっかりホールド。購入は”キノキータYahoo!ショップ”へ


/オストメイト向けTips 一覧はこちら
/HOMEページTOPはこちら

QP3:現在メインでご使用中のパウチメーカは?

View Results

Loading ... Loading ...

関連記事

オストメイト向けTips

パウチメーカ全社List
 全7社8ブランド
排気口って機能してる?
 各社パウチで実験してみました
パウチのねじれって?
 ねじれ難いパウチもあるんです
面板のちょっと深い話1
 パウチの寿命を決定づける面板の話
面板のちょっと深い話2
 膨潤タイプの最期って?
面板のちょっと深い話3
 各社面板の吸水力比較です
面板のちょっと深い話3 part2
 写真で見る4種の膨潤タイプ
面板のちょっと深い話3 part3
 吸水力Indexで面板比較
パウチの排出口ランキング
 ふき取り易いパウチには訳がある
各社パウチ(面板)耐久実験
 8種を同条件で同時耐久試験
各社パウチ使用レポート
 7社8ブランドを使用レポート
 ・はじめに(評価項目)
 ・アルケア
 ・イーキン
 ・コロプラスト
 ・コンバテック
 ・ダンサック
 ・ビー・ブラウン
 ・ホリスター
 ・マーレン(ソルブ株式会社)
ポッコリお腹矯正パウチ?
 そんなパウチもあるんです。
パウチのメーカ別国内シェア
 当社独自調査データ
コロプラストジャパン本社訪問
 コンケーブの開発秘話
各社パウチのカサコソ音を比較
 8社12種類を比較
あなたのお好みのパウチを探す
 パウチ選びのポイントは?
最新メーカ別パウチシェア
 Update最新データ
パウチに関する1番の悩みは漏れ、臭い漏れ
 オストメイトの悩み事
コロナによるマスク不足の緊急対応!?
 マスクホルダー試作してみました
パウチ剥離剤の全製品比較-1-
 今回はリムーバ―です
パウチ剥離剤の全製品比較-2-
 リムーバ―の剥離力ランキングです
パウチ剥離剤の全製品比較-3-
 リムーバ―のコストランキングです
痛いパウチ?
 オストメイトの方からメールをいただきました
各都道府県別ストーマ外来窓口
 窓口へのアクセス時間を考えます
公開データでコロナ感染を考える
 日々変わるコロナ感染に関する考察です
ページ上部へ戻る